【無料】映画『ダ・ヴィンチ・コード』を無料で動画視聴できる?動画配信サービスまとめとあらすじ

映画

『ダ・ヴィンチ・コード』

ダン・ブラウンの世界的ベストセラー小説を「ビューティフル・マインド」のオスカー監督、ロン・ハワードが映画化。ルーブル美術館で館長が殺害される事件が発生。調査を依頼されたハーバード大宗教象徴学教授ラングドンは、暗号解読官ソフィーとともに死体に隠された暗号を解読してゆく中で、カトリック教会が隠蔽してきたキリスト教史上最大の謎に行き当たる。「ターミナル」のトム・ハンクス、「アメリ」のオドレイ・トトゥらが出演。

映画.comより

『ダ・ヴィンチ・コード』予告編

人類史上最大の謎を解く!映画『ダ・ヴィンチ・コード』を振り返る
『ダ・ヴィンチ・コード』予告編 You Tubeより

『ダ・ヴィンチ・コード』を配信している無料動画配信サービスまとめ

もじゃ
もじゃ

『ダ・ヴィンチ・コード』は下記の動画配信サービスで観ることができます。

選び方が分からない方は比較記事をご覧ください。

動画配信サービスの比較記事はこちら


『ダ・ヴィンチ・コード』は2社の動画配信サービスで配信中です。

レンタルでも1社配信中です。

無料で視聴するには、各サービスの無料キャンペーンを利用することです。

U-NEXT

もじゃ
もじゃ

2021年6月時点では『ダ・ヴィンチ・コード』を配信しています。

最もおすすめする動画配信サービスはU-NEXTです!

U-NEXT
料金1990円(税別)
無料期間31日間無料
レンタル/見放題見放題
ポイント付与1200円分相当(無料期間中は600円分)
おすすめ度★★★★★
本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間無料お試し利用<U-NEXT>

U-NEXT公式サイトに遷移します。

20万本以上の業界No.1の豊富なコンテンツ
マンガ、ラノベ、書籍、雑誌も視聴可能
・4人までアカウントの共有可能
31日間の無料トライアルキャンペーンあり!

・月額料金1990円(税別)とやや高い。
オリジナル作品を視聴できない。

月額料金はやや高めですが、毎月1200ポイント付与されます。

つまり、実質790円で利用できます。

また、アカウントを最大4つまで共有できるので、家族で割ると非常にオトクですね。

Netflix

Netflix
料金  990円〜1990円(税別) 
無料期間なし
レンタル/見放題見放題
ポイント付与なし
おすすめ度★★★★☆
本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はNetflixサイトにてご確認ください。

オリジナルコンテンツの充実
・海外ドラマや洋画の豊富さ

邦画や国内ドラマは少ない印象 

登録はこちら<Netflix>

Amazon公式サイトに遷移します。


Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ
料金  500円(税別) 
無料期間30日間無料
レンタル/見放題見放題
ポイント付与なし
おすすめ度★★★☆☆
本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はAmazonサイトにてご確認ください。

Amazonプライムビデオでは、『ダ・ヴィンチ・コード』を無料視聴することができます。

Amazonプライム会員は、動画配信サービスだけでなく、お急ぎ便等の他のサービスも利用できます。

複合的なサービスとして利用できるのでおすすめです。

アマゾンプライム会員で利用可能
・月額料金の安さ(月額500円/年会費4900円
・オリジナル作品の視聴が可能

・見放題は少なく、別料金でレンタル料が必要な作品が多い。

面白さ

キリストを冒涜しているとしてカトリックがボイコットを呼びかけるくらいの話題作でした。

暗号を解読する点や、ある秘密がキリスト教の歴史に紐付いている点などが面白かったです。

ダ・ヴィンチやニュートンなども巻き込みながら、

人類史上最大の秘密を暴いていくスリリングな内容に惹かれました。

どんでん返し系や歴史が好きな方は、お好きな映画かなと思います。

最後のオチは歴史的には確証はないみたいですが、

それでもロマンがあって面白い内容でした。

登場人物

冒頭部分についてのみ解説しますので、まずは下記の5人を取り上げます。

ラングドン教授…トム・ハンクス。シンボルについての専門家。
ソフィ…ヒロイン的な女性。
ソニエール…ソフィの祖父。ルーヴル美術館で変死。
シラス…ソフィの祖父を殺害した犯人。
ファーシュ警部…ラングドン教授を犯人だと思っている。

物語が進むにつれて、もっといろんな人や組織が出てきます。

あらすじ

画像2

ルーヴル美術館でソニエールというおじいちゃんが殺害されました。

犯人はシラスという薄気味悪い謎の人物。

シラスは重要なある秘密をソニエールから聞き出し、腹部に銃を撃ちて去っていきます。

その秘密とは「バラの下に眠る」とのことでした。

辛うじて息があったソニエールはダイイングメッセージを残します。

そのメッセージこそ、秘密への扉でした。

ソニエールの遺体の様子

画像1

謎の数字の羅列、意味の分からない文章、五芒星を胸に血で書き、

自身はウィトルウィウス的人体図(上図)に沿って、絶命していました。

暗号だらけで気味が悪い遺体でした。

ラングドン教授は暗号を解読すると、

「レオナルド・ダ・ヴィンチ モナリザ」と出てきました。

ルーヴル美術館にあるモナリザへ向かうとそこには血痕がありました。

絵の近くにまた暗号がありました。

そして、百合の紋章が入ったキーホルダーのようなものを見つけます。

この百合の紋章とはシオン修道会という秘密結社を表すシンボルです。

ある秘密とは、シオン修道会が守っているものでした。

ラングドン容疑者

実はソニエールの遺体のメッセージはもう1つありました。

そこにはラングドン教授の名前がありました。

ファーシュ警部はラングドン教授が犯人だと決めつけており、

GPSを仕込んで監視しようとします。

これを見抜いていたソフィは一緒に逃げて、祖父の事件の真相を探しにいきます。

あわせて読みたい

無料Stand.FMで毎日更新中

・歴史や神話について100配信以上
・家事や通勤時間などの「ながら聴き」でインプット
・とっつきにくい文学や歴史を関西弁で親しみやすく解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました