文学_グリム童話『ヘンゼルとグレーテル』のあらすじ

音声配信の台本_文学

どうも、もじゃです。

Stand.FMで個人的に面白いと思ったことを、あなたの友達のように紹介しているチャンネルを運営しています。

歴史、神話、文学について、関西弁で分かりやすく解説しています。

読むのが面倒な人はスタンドFMから無料で、ながら聴きができます。
家事、筋トレ、通勤時など耳が空いている隙間時間にどうぞ。


面白さ

『ヘンゼルとグレーテル』について、お菓子の家とパンくずリストというワードしか知りませんでした。

読んでみると、非常に悲惨な状況でもなお、逆境に立ち向かう兄妹の勇姿が描かれていました。

原作はもっと悲惨なようですが、今回はあくまでもグリム童話の『ヘンゼルとグレーテル』について、お話しようと思います。

登場人物

ざっくりと5人紹介します。

ヘンゼル…主人公。冷静で頭が良く、諦めないカッコイイ兄
グレーテル…主人公。幼いながらも、兄を信じ、度胸のある妹
木こりの父…ヘンゼルとグレーテルの父。稼ぎは少ない。
おかみさん…木こりの父の奥さん。作品によっては実の母ではない。
魔女…人間をできるだけ肥やして食べたい魔女

かなり主観が入っていますが、上記の人物で物語が進んでいきます。

あらすじ

舞台は中世ヨーロッパ。貧しい木こりの家族の話です。

ただでさえ、極貧生活を送っているのに、国中で大飢饉が発生します。

そのため、貧しい木こり一家は明日のご飯もない状況に陥ってしまいます。

子どもたちを捨てる会議

画像1

ある夜、木こりの父はおかみさんに極貧状況について相談をします。

なんと、おかみさんは子どもたちを捨てようと提案します。

木こりの父はかわいそうと思いながらも、

おかみさんには頭が上がらないのか、子どもたちを捨てることに同意します。

おかみさんは森の中へ置き去りにして捨てるつもりでした。

ヘンゼルとグレーテルは、その相談の一部始終を聞いていました。

グレーテルは泣き出しますが、ヘンゼルは妹をなだめて外へ向かいました。

ヘンゼルは真っ白に輝く砂利を上着に詰め込んでいました。


森の中へ…

画像2

次の日の朝、家族4人で森の中へ向かいます。

森の奥へ行く道中にヘンゼルは、昨日の夜に集めた白い砂利を少しずつ撒いていました。

白い砂利を帰り道の道標としていました。

森の奥へ到着すると、木こりの父とおかみさんは仕事をするからと言って、

兄妹2人に森の奥で待ってもらい近くで木を切っていました。

兄妹2人は待っている間に寝てしまいすっかり夜になってしまいます。

もちろん、木こりの父もおかみさんもそこには居ません。

グレーテルは泣きますが、

ヘンゼルはグレーテルをなだめながら白く輝く石をたどって家に帰ります。

おかみさんは少し驚いた様子でしたが、木こりの父は心配していたので喜びます。

パンくずで帰ろう…

画像4

子どもたちが帰ってきたのは喜ばしいことですが、

根本原因である貧困は解決しておらず、目前の問題は食糧難です。

そこで、おかみさんは再度森の奥へ置き去りにしようと提案し、

木こりの父は強く反対できず、同意します…。

その様子を聞いていた兄妹ですが、

外には出られないように施錠されており、砂利を撒くことができません。

次の日の朝、パンを一欠片ずつもらい森の奥へ向かっていました。

ヘンゼルはそのパンを少しずつ撒いて行きました。

これが有名なパンくずリストの語源ですね!


また、同じように置き去りにされる兄妹ですが、パンくずをたどって家に帰ろうとします。

しかし、そこにはパンくずはありませんでした


鳥や獣たちが食べてしまったんでしょう。

途方にくれた兄妹は森を彷徨い続けます。

お菓子の家

画像3

3日間も彷徨い歩いた兄妹の目の前に、突然お菓子の家が出てきます。

お腹が空いた兄妹はすぐにかじりつきます。


お菓子の家から出てきたのは、すっごい年老いた老婆でした。

そう、彼女が実は魔女だったのです。

ちなみに、この魔女は目が悪く鼻が良い設定です。

兄妹たちを家の中で、もてなすと豹変します。


ヘンゼルは家畜小屋で監禁し、グレーテルには雑用で酷使します。

ヘンゼルを肥やして、兄妹ともに食べようとしている魔女ですが、ヘンゼルが一向に太りません。


しびれを切らした魔女はヘンゼルを食べようと、グレーテルにディナーの準備をさせます。

その際に、かまどに火をくべるのですが、

グレーテルはかまどに火をくべる方法が分からないと言います。


魔女はうんざりした様子で、かまどの中に入り、火をくべる方法を教えます。

そのときに、グレーテルは魔女を押し込みかまどの蓋を閉めます。


魔女はかまどの中で焼け死んだのです!

帰宅

画像5

ヘンゼルを解放し、魔女の家の宝箱から宝石を持ち帰り、なんとか家に帰ります。

家では木こりの父には笑顔がなく、おかみさんは亡くなっていました。

(たった数日間くらいで、何があったんや…。)


帰ってきた兄妹を見て木こりの父は大喜びし、

さらに大量の宝石があったので親子3人で楽しく一緒に暮らせました。

まとめ

極貧生活や、そのためにやむを得ず子どもを捨てるというストーリーは

おそらく中世ヨーロッパに実際に見られたのではないかと思います…。

だからこそ、このような物語を作られたのだろうと僕は感じました。


ちなみに、グリム童話以前の原作はもっとグロテスクです…。

領主ジルドレという別の悪魔みたいな人物も出てきて、拷問好きで最後は…。

この結末は、ご興味がある方は調べると面白いかもしれません。

あわせて読みたい記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました