カスタマーサクセスを学ぶオススメの1冊。通称「青本」は必読

キャリア

おはようございます、こんにちは、こんばんは。もじゃです。

カスタマーサクセスという概念が広まっていますが、カスタマーサクセスは具体的に何をする職種かピンとこないですよね。

それもそのはずでカスタマーサクセス元年が2018年と言われています。

まだまだこれからで新しく魅力的な職種です。

私はカスタマーサクセス部で日々業務を行っていますが、カスタマーサクセスの経験は転職でも有利です。

なぜなら、SaaS事業が増えてきて、カスタマーサクセスという職の需要が増えているという非常に単純な理由です。


実際に、試しに転職活動をしてみた時には、カスタマーサクセスは需要がかなりあるとエージェントがおっしゃっていました。(本当かはわかりませんが、SaaSの潮流から考えると本当だと思います。)

もじゃ
もじゃ

この記事は

カスタマーサクセスになりたい人に、

カスタマーサクセスに異動になった人に、

カスタマーサクセスに興味があるけど分からない人に、

向けて書いています。

まずはこれを読もう

まずはこれを読みましょう。

『カスタマーサクセス サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則』

通称「青本」です。

2018年がカスタマーサクセス元年と呼ばれる理由は、この本が日本に入ってきた(=和訳された)からなんですね。

つまり、カスタマーサクセスの原点となる本です。

だからこそ、まずは読むことを強くおすすめします。

「青本」にはSalesforceという企業について書かれています。

今では非常に有名なSalesforceがカスタマーサクセスの草分け的存在でした。

SaaS事業会社であれば、必ずと言っても良いくらい憧れる企業ですね。

Salesforceは営業も優れているイメージがありますが、カスタマーサクセスも素晴らしいです。

(私は会社でSalesforceのヘビーユーザーです。)

そんな成功企業をモデルとした原則が書かれています。

英語を日本語に直した独特の言い回しなどで少しわかりにくいところもありますが、気にせずどんどん読み進めていきましょう。

特に前半部分で大枠は掴めるはずです。

カスタマーサクセスの人の話を聞いてみよう

『カスタマーサクセス サブスクリプション時代に求められる「顧客の成功」10の原則』を読んで、

前提知識を入れた後に、実際はどのような業務を行っているのか聞いてみましょう。

例えば、テックタッチ、ロータッチ、ハイタッチと分けて支援内容は変えているのか?とか、

能動的にサポートを行うにはどのようにすれば良いのかなどなど。

ちなみに、私の担当はロータッチで、能動的にサポートを行うために設定の進捗管理や提案の進捗状況、活用の満足度調査などを行っています。

こちらにも簡単にカスタマーサクセスの職種についてまとめています。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

あなた
あなた

でも、周りにカスタマーサクセスで働いている人がいない…。

こういう風に思われた方もいらっしゃるかと思います。

その場合は転職エージェントに聞いてみましょう。

近年、カスタマーサクセスは企業から求められる職種の1つとなっています。

そのため、転職エージェントに情報が集まっていますので、一度聞いてみてはいかがでしょうか?

SaaSなどの時代の潮流に乗っている企業を紹介してくれたり、詳細を教えていただいた経験があるので、個人的には、for Startups,Incをオススメします。

親身になっていただいた人材事業も行っている企業です。


もちろん、リクナビやマイナビ系列でも良いかと思います。

転職エージェントに話を聞くのは少しハードルが高く見えるかもしれませんが、

情報収集する上では良い1つの手段かと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました