【高いかも…】生命保険の保険料の決め方

キャリア

おはようございます、こんにちは、こんばんは。もじゃです😁

この記事を開いていただいた方は、生命保険に加入していると思います😁

生命保険って毎月の固定費として結構高いですよね。

お金持ちになりたいなら、

「まずは支出管理からして無駄な固定費を減らしましょう。」

という言葉はよく聞きます。

そこで、比較的高い固定費である生命保険の保険料について、解説していきます。

僕も生命保険の営業を受けて、自分で調べたことをここに書いていきます。

保険料の決め方

保険料の決め方はシンプルです。

まず2つの料金に分かれ、それぞれに対して料金の基準が金融庁などから定められています。

純保険料

純保険料とは、保険金を渡す準備金のことです。

保険会社はみなさんから集めた保険料を、事故や病気などがあった方に保険金を分配しているモデルです。

そのため、純保険料とは、当然必要となってきますね😁

付加保険料

もう1つは付加保険料です。

付加保険料とは、保険会社の経営に必要な資金です。

具体的には、営業活動費、人件費、広告費、、、様々です。

保険会社も利潤追求の1企業なので、当然ではありますね…。

保険料=純保険料+付加保険料

純保険料とは、保険金の準備金

付加保険料とは、企業の活動費

各保険料を決める3つの指標

まず、純保険料を定める指標が2つあり、また、付加保険料を定める指標もあります。

純保険料には、予定利率と予定利率によって、決まります。

付加保険料は予定事業費率によって、決まります。

これら3つの指標について、それぞれ簡単に解説していきます😁

予定死亡率

予定死亡率とは、その名の通りですね。

契約期間中の死亡者数の見込みです。

この見込みの算出には、金融庁が出している標準生命表を参考にします。

>>>参考:日本アクチュアリー会 標準生命表



標準生命表をもとに、標準責任準備金を算出します。

標準責任準備金とは、保険金支払いに備えて法令で義務付けられた準備金です。

純保険料の設計は、各社自由です。

ただ、金融庁の認可も必要のため、かけ離れた設計はできないようになっている。

予定利率

予定利率とは、保険会社の運用益の予想のことです。

保険会社は集めた保険料を運用しています。

たくさん儲かる予測であれば、予定利率が高くなります。

一方で、あまり儲かりそうにないなら、予定利率は低くなります。

ちなみに、2017年以降は0.25%と超低予定利率です。

>>>参考:みつばち ほけん



予定利率が高いと、保険料は安くなります。

逆に、予定利率が低いと、保険料は低くなります。

つまり、今は相対的に見て、保険料は高く設定されがちの時代です😣

予定死亡率と予定利率は、金利や金融庁のデータをもとにしており、各社でほぼ変わりません。

つまり、純保険料は各社でほぼ変わりはありません。

予定事業費率

予定事業費率とは、保険会社にかかる経費の見込みのことです。

単純ですね😁

そして、予定事業費率の決定は金融庁の認可は必要ありません。

(2006年まで認可が必要でした。)

また、各社で人件費や広告費など事業費は異なりますよね?

例えば、ネット生命保険と今までの生命保険では、人件費がまるで違います。

少し古いデータですが、ライフネット生命は付加保険料を開示していましたね。

>>>参考:ライフネット生命 付加保険料の開示

予定事業費率、つまり付加保険料は各社で異なる。

相談相手

安くなりそうとなった場合、どうすれば良いのでしょうか?

最も避けるべきは、保険会社に直接相談することです。

営業パーソンなので、あなたに合った保険を勧めてもらえるかは、その営業パーソン次第です。

1番のオススメは、自分でお金を払って情報を取りに行くことです。

その中でもコスパが良いのは本です。

僕は本を読んで学ぶことができました😁

もしくは、保険の代理店で相談することです。

ただし、一概にオススメはできません😣

というのも、保険の代理店も保険会社から紹介料をもらって、ビジネスをしているからです。

つまり、紹介料が高い保険会社やプランをオススメされる可能性もあります。

(なるべく紹介料は一律にしようという動きが業界内にあるらしいですが…。)

その上で、保険の代理店をいくつかピックアップしました。

上記に注意しながら、相談窓口に問い合わせてみてください😁

>>>ほけんの窓口

>>>保険見直し本舗

>>>ほけんのトータルプロフェッショナル

>>>タウンライフ保険相談

さいごに

月々の保険料が高い典型例が貯蓄性保険だと思います。

その貯蓄性保険についても解説しているので、該当の方は必読です。

コメント

  1. […] 【高いかも…】生命保険の保険料の決め方おはようございます、こんにちは、こんばんは。もじゃです😁この記事を開いていただいた方は、生命保険に加入していると思います😁生命 […]

タイトルとURLをコピーしました