【経験則】BtoB営業に向いている人の性格

キャリア

おはようございます、こんにちは、こんばんは。もじゃです😁

前回、【経験則】BtoB営業に向いていない人の性格を書きました。

一方で、向いている人の性格を紹介します😁

といっても、前回の記事の反対の性格になるだけなのですが…(笑)

ぜひ、前回記事も見てくださいね😁

営業に向いている性格

僕の経験則から、営業に向いているであろう性格を見ていきましょう😁

根性がある

失敗してもめげない、怒られても動き続ける。

とにかく、行動しまくる人は営業で成果を出しやすいです。

一度立ち止まって考えるよりも、

よく分からないけど、とりあえずやってみるという精神の持ち主です。

ノルマのために根気強く行動し続ける人です😁

ちなみに、僕はここが苦手でした😣

自信を持っている

謎に自信を持っている人のタイプです。

根拠はないけど、できると思い込んだり、信じ込んだりできるタイプですね😁

たまに、何の根拠もないのに、心から自信を持っている人がいます。

僕自身も自信を持っているタイプと思っていましたが、

成果が出ないと、じわじわ自信が奪われていきます😣

それでもなお、自信を持てる人は本当に営業に向いていると思います😁

本当に天性だと思います😁

演技ができる

自身の性に完全に合っている営業は、なかなか少ないです。

そのため、営業に向いているように演技をする人もいます。

普段は人見知りなのに、商談やテレアポになるとよく話す人

普段は他人の話を聞かずに自分ばかり話すのに、商談になると相手の話をよく聞く人

普段は自信なさげなのに、クロージングになると自信を持って回答期日を切る人

自分の性格に合っていなくても、演技ができると合わすことができます😁 

心配性

意外かもしれませんが、心配性の人も向いていると思います😁

もちろん、達成するという根気を持つことが前提です。

この見込みで達成できるのだろうか?もっとアポイントを獲得してみよう。

明日の商談は大丈夫かな?準備を徹底してみよう。

などを考えています。

心配だからこそ、行動に移すという観点で心配性は向いていると思います。

一方で、ただ心配だけして、何も行動しないのは向いていません😣

お客様の成功を願う

これを心の底から染み付いている人は、非常に少ないです😣

しかし、非常に重要なことです。

お客様自身が考えている成功の道は、正攻法とは言えない時があります。

お客様の考えを丁寧に訂正していく必要があります。

無理なクロージングではなく、お客様の要望や成功を考えた時に、今成約する必要性を訴える必要があります。

一時的に嫌われても良いから、お客様を成功させるという気概を持っていることです。

この気概を持つのは、かなり難しいですが😅

まとめ

営業に向いているであろう性格を、5つ紹介いたしました😁

これらの性格、全て当てはまっている必要はありません。

個人的には、根性が最も重要だと思っています。

根性論ではなくとも、根気強く粘る力、続ける力は必要なので😁

キャリアについての参考になれば良いなと思います😁

コメント

タイトルとURLをコピーしました