【経験則】BtoB営業に向いていない人の性格

キャリア

おはようございます、こんにちは、こんばんは。もじゃです😁

営業に向いていない人の性格を経験則からまとめました。

僕自身、営業に向いていないなと思っています。(笑)

しかし、向いていないなりに、営業を科学したり、真似をしたりしていました。

その結果、成約率が2倍になったり、新人教育を任されたり、いろんな経験をしてきました😁

その経験から、営業に向いていない人の特徴をまとめていきます。

あくまでも僕の意見に過ぎず、また適材適所なので、営業に向いていないからと言って落ち込む必要はありません。

もじゃ
もじゃ

☑読んでほしい人

営業に向いていないと思っている人

営業職に志望している就活生                 

☑解決できること

営業に向いているかどうか分かる。

このまま営業を続けるべきか判断できる。           

営業に向いていない性格

営業に向いていない性格をまとめてみました。

あくまでも経験則なので、網羅性はないかもしれません😅

失敗や怒られることを避ける

営業は、特に行動第一です😁

行動と言っても、泥臭く失敗しまくる行動ばかりです。

「テレアポで詰まったら、どうしよう。」

「新人と思われたくない。」

「提案内容が間違っていたら、どうしよう。」

僕は、失敗を過度に恐れて、このようなことをずっと考えていました😅

そして、失敗したら、怒られる。こわい。いやだ。と考えていました。

準備を面倒くさがる

僕は、あまり準備を面倒くさがることはなく、怠りませんでした。

しかし、場当たり的に商談しようとして、準備を面倒くさがる人がいます。

営業の商談は準備が9割です。

ちなみに、準備については、別の記事で方法を書いています😁

ちなみに、準備を怠ることは、明らかに当人の怠惰でしかありません。

ここは、しっかり行いましょう😁

自信がない

商談でもテレアポでも、自信がない人から、モノやサービスを買わないですよね😣

もっと言うと、時間も割かないですよね😣

理屈では分かっていても、自信をつけるのは難しいです。

「ヒアリング方法って合ってるんかな。」

「この提案ってホンマに合ってるんかな。」

「電話内容はこんな感じで合ってるんかな。」

僕は上記のように自信がなく、とにかく上司の考えと合っているかを考えていました。

本当はお客様の課題を解決できるかを考えるべきでした。

自信をつけるためには、小さな成功が必要です。

中には、元来、自信家の人がいます。良いですよね…。

嫌われたくない

「お客様の声を聞くのではなく、お客様の課題を解決しろ」と、よく言いますよね。

お客様は課題を正しく把握しているとは限りません。

そのため、営業から強く言うべき時もあります。

しかし、目の前のお客様に嫌われたくないという気持ちがあって、強く言えません。

よく経験したことは約束した期日に回答をくれないということです。

回答をくれない理由は、提案や忙しいなど様々な理由があります。

しかし、中には、なんとなく期日に回答しない人もいます。
屁理屈を並べ、全然行動しない人もいます。

そのような時には、強く言うべき時もあります😣

上記の性格が営業に向いていないとなる理由

上記で紹介した性格と、あなたの性格を比べてみて、どうでしたでしょうか?😁

心当たりはありましたでしょうか?😁

ここでは、上記で紹介した性格が営業に向いていない理由を紹介します。

上記の性格は、営業活動のフローに当てはまるからです。

まず商談フローは、大きく5つあります。

1.事前準備
2.アイスブレイク
3.ヒアリング
4.提案
5.クロージング
6.お礼メール



下記、記事も参考にしてみてください😁



6つの商談フローの中で、

2.アイスブレイクはできなくても、意外となんとかなります(笑)

6.お礼メールは超面倒くさがりでない限り、できます(笑)

また、営業活動は商談だけでなく、「0.商談機会の創出=アポイントの創出」があります。

各フロー(0.1.3.4.5)で大事なことをまとめ、さらに性格も当てはめてみました😁

0.アポイント創出=失敗を気にしない行動量
1.事前準備=面倒くさがらずに準備を行う徹底さ
3.ヒアリング=自信をもってお客様の課題を聞き出せる力
4.提案=自信から生まれる説得力
5.クロージング=嫌われてでもお客様に約束を守らせる人を動かす力

上記で紹介した営業に向いていないという性格は、営業活動に直結していますね。

営業を辞める基準

ここまで読んでくださった方は、営業を辞めるべきか考えていると思います。

営業を辞めようと思う動機は、いっぱいあると思いますが、

この記事を読んでいる方であれば、自分は営業に向いていないかもしれないと思っているでしょう。

そんな方に、今後も営業を続けるべきか否かを決める基準は

トップセールスや営業スキルを高めたいと思っているかどうかです。

トップセールスや営業スキルを今後も高めたいと思っていないのであれば、

別の道を探してみるべきだと思います😁

冒頭でお話した通り、

営業でダメだったからと言って、他の仕事もできないなんてありえません。

営業で頑張ってきた、あなたには、必ず、何かしらのスキルはついています。

そのスキルを軸に別の仕事にチャレンジしてみては、いかがでしょうか?

別の仕事にチャレンジする方法

別の仕事にチャレンジする方法は、簡単です😁

少しでも興味が湧いたら、小さく始めてみてください。

いきなり転職活動しても、なかなかうまく行きません。

個人的にオススメなのは、クラウドソーシングです。

最初なので少額でしょうが、お金も稼ぎながら、経験もできます😁

大事なことは、まずは1歩を踏み出すことです!

オススメのサイトを貼っておきますので、ぜひぜひ😁

日本最大級のクラウドソーシングサービス

他にもランサーズやクラウドワークスなどがあります😁

ぜひ、調べてみて、まずは1歩を踏み出しましょう。

コメント

  1. […] 【経験則】BtoB営業に向いていない人の性格おはようございます、こんにちは、こんばんは。もじゃです😁営業に向いていない人の性格を経験則からまとめました。僕自身、営業に向い […]

タイトルとURLをコピーしました