【無料】映画『グラディエーター』を無料で動画視聴できる?動画配信サービスまとめとあらすじ

映画

『グラディエーター』

「ブレードランナー」の巨匠リドリー・スコットが、古代ローマを舞台に復讐に燃える剣闘士の壮絶な闘いを描き、第73回アカデミー賞で作品賞・主演男優賞など5部門に輝いた歴史スペクタクル。古代ローマの皇帝アウレリウスは、信頼を寄せる将軍マキシマスに次期皇帝の座を譲ろうと考えていた。それを知った野心家の王子コモドゥスは父を殺して玉座を奪い、マキシマスに死刑を宣告。マキシマスは故郷へ逃れるが、コモドゥスの手下に妻子を殺されてしまう。絶望の中、奴隷に身を落としたマキシマスはやがて剣闘士として名を上げ、闘技場で死闘を繰り返しながらコモドゥスへの復讐の機会を狙う。主人公マキシマスをラッセル・クロウ、宿敵コモドゥスをホアキン・フェニックスがそれぞれ演じた。

映画.comより

『グラディエーター』を配信している無料動画配信サービスまとめ

もじゃ
もじゃ

『グラディエーター』は下記の動画配信サービスで観ることができます。

選び方が分からない方は比較記事をご覧ください。

動画配信サービスの比較記事はこちら


『グラディエーター』は2社の動画配信サービスで配信中です。

レンタルでも1社配信中です。

無料で視聴するには、各サービスの無料キャンペーンを利用することです。

U-NEXT

もじゃ
もじゃ

2021年6月時点では『グラディエーター』を配信しています。

最もおすすめする動画配信サービスはU-NEXTです!

U-NEXT
料金1990円(税別)
無料期間31日間無料
レンタル/見放題見放題
ポイント付与1200円分相当(無料期間中は600円分)
おすすめ度★★★★★
本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
31日間無料お試し利用<U-NEXT>

U-NEXT公式サイトに遷移します。

20万本以上の業界No.1の豊富なコンテンツ
マンガ、ラノベ、書籍、雑誌も視聴可能
・4人までアカウントの共有可能
31日間の無料トライアルキャンペーンあり!

・月額料金1990円(税別)とやや高い。
オリジナル作品を視聴できない。

月額料金はやや高めですが、毎月1200ポイント付与されます。

つまり、実質790円で利用できます。

また、アカウントを最大4つまで共有できるので、家族で割ると非常にオトクですね。

Netflix

Netflix
料金  990円〜1990円(税別) 
無料期間なし
レンタル/見放題見放題
ポイント付与なし
おすすめ度★★★★☆
本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はNetflixサイトにてご確認ください。

オリジナルコンテンツの充実
・海外ドラマや洋画の豊富さ

邦画や国内ドラマは少ない印象 

登録はこちら<Netflix>

Netflix公式サイトに遷移します。


Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ
料金  500円(税別) 
無料期間30日間無料
レンタル/見放題レンタル
ポイント付与なし
おすすめ度★★★☆☆
本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況はAmazonサイトにてご確認ください。

Amazonプライムビデオでは、『グラディエーター』をレンタルで299円〜視聴することができます。

Amazonプライム会員は、動画配信サービスだけでなく、お急ぎ便等の他のサービスも利用できます。

複合的なサービスとして利用できるのでおすすめです。

アマゾンプライム会員で利用可能
・月額料金の安さ(月額500円/年会費4900円
・オリジナル作品の視聴が可能

・見放題は少なく、別料金でレンタル料が必要な作品が多い。

あらすじ

『グラディエーター』とは、2000年に公開され、アカデミー賞やゴールデングローブ賞を受賞した作品です。

帝政ローマ期を舞台とした1人の剣闘士を中心とした物語です。

将軍マキシマス

主人公はラッセル・クロウが演じるマキシマスです。

彼は平民出身ながら、信頼と実力で人気の将軍まで登りつめていました。

将軍マキシマスはゲルマニアへ遠征を行っており、武功をあげました。

マルクス・アウレリウス・アントニヌスというローマ皇帝もゲルマニアに遠征しており、

現場で将軍マキシマスを後継者として任命します。

平民出身で武功で名前を上げた1将軍のマキシマスが後継者として任命されると、反対者も現れます。

その反対者とは、皇太子コモドゥスです。

彼は野心家でローマ皇帝の座を常に狙っていました。

しかし、将軍マキシマスが次期ローマ皇帝と任命されたことを知り、

なんとマルクス・アウレリウス・アントニヌス帝を殺害してしまいます…!

うまく?殺害したため、ローマ皇帝が殺されたクーデターとは誰にも確証は持てませんでした。

しかし、将軍マキシマスは、皇太子コモドゥスがマルクス・アウレリウス・アントニヌス帝を殺害したと疑いました。

そのため、コモドゥスに対して、服従せず好戦的な態度を取ります。

こうして、将軍マキシマスは処刑宣告を受けます。

すでにコモドゥスは後継としてローマ皇帝になっていたのです。


処刑されるマキシマスですが、さすがは将軍。

処刑人を逆に倒して逃亡します。

しかし、処刑宣告はマキシマスの家族にも及んでいました。

何も知らないマキシマスの妻と息子は酷い処刑をされてしまいます。

それを知ったマキシマスは絶望し、生きる活力を失ってしまいます。

剣闘士マキシマス

生きる活力を失ったマキシマスは奴隷商人に拾われます。

奴隷になり、戦う剣闘士として扱われるようになりました。

しかし、元優秀な将軍マキシマス。

剣闘士として連戦連勝していきます。

ちなみに、剣闘士とは、闘技場で見世物として戦った人たちです。

バトル・ロワイアルのような感じでしょうか。


古代に本当にあった文化なんですが、怖いですね…。

また、それに熱狂していた人たちもいたとは…。

現代ではボクシングやプロレスが、それに当たるんでしょうか。


剣闘士は戦績を上げると皇帝へ謁見できる権利をもらえます。

そう、その時の皇帝とはマキシマスとその家族を処刑に追いやったコモドゥス。

マキシマスは復讐心に燃え上がり、本気で剣闘士として戦績を上げていきます。

戦績を上げたマキシマスは有名になり、最大の舞台コロッセオへ招かれます。

大観衆を味方につけた剣闘士マキシマス。

果たして、どのように皇帝に復讐をするのでしょうか?

復讐は叶うのでしょうか?

見どころ

ローマの史実に基づいている箇所が多いです。

例えば、古代ローマ人は名誉を重んじていました。

単に自分にとって利益になることだけでなく、名誉であるのかを重視していました。

そのような古代ローマ人の名誉への重視を感じさせるシーンがいくつも出てきます。

マキシマスの腕の入れ墨には、SPQRと書かれていました。

このSPQRとは、ローマの元老院とその市民。つまり、ローマ市民であるという意味です。

彼はこの入れ墨を途中で消します。

ローマ市民を捨てて、心身ともに奴隷になることを決意したシーンでした。

一方で、史実に基づいていないシーンもあります。

最も大きな箇所で言うと、コモドゥスはマルクス・アウレリウス・アントニヌス帝を殺害していません。

また、コモドゥスは側近に毒殺されて死ぬというのが史実です。

側近に毒殺されるくらいなので、あまり良い皇帝ではなかったのでしょう…。

予告編

Робин гуд. Русский трейлер
『グラディエーター(予告編)』You Tubeより

『グラディエーター』を見たい方はこちらから。

31日間無料お試し利用<U-NEXT>

U-NEXT公式サイトに遷移します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました